アコーディオン専門店 山本楽器【名古屋】


アコーディオン取り扱いについて
アコーディオンの大敵は熱と湿気と振動です

取り扱いは、特に下記に注意してください。


アコーディオンは熱に弱い

    夏、車の中に閉じ込めて置くと、リードを接着している蝋が溶けてリードが外れたり、 ひどい

  場合は 溶けた蝋がリードの中へ入り、リード革も全部張替えることになります。

    こうなるとに修理代はアコーディオンの価格より高くなることがあります。

    蝋が溶けなくても、アコーディオンの表面はセルロイドが貼ってあるので、日の当たる場所やス

 トーブのそばは、これが収縮したり割れたりします。

  またセルロイドは大変燃えやすい樹脂です。注意してください

2.アコーディオンは湿気に弱い。

    音源のリードはサビで音が狂います。湿気はサビの大きな原因です。

  海岸で短時間でも弾くことは厳禁です。塩分を含んだ湿気は確実にリードのサビの原因になりま

  すが、その前に塩分がリード皮に付着し、すぐに音が出なくなります。

  同様に油分が多く換気が悪い厨房の近くで演奏するのも危険です。 

3.アコーディオンは振動が大敵。

    運搬には特に気をつけて下さい。乱暴に扱うと、ベース部のアクションが外れる事があります。

  外国から送られてくるとき、衝撃のためにベースボタンが凹んだまま届く事が多くあります。  
 
  多くはアコーディオンを寝かせ、ベースボタンが上になるようにして運んだのが原因です。

  ベースボタン自身の重量と衝撃でアクションが外れるためです。

     (このことを詳細に説明した文書はココをクリックしてください)

  凸凹道をキャリングカーに積んで、ガタゴト引っ張るのもだめです。

  やもうえずカートを使うときはできるだけ大きな車輪のカートでゆっくり運んでください。

    アコを弾かない人に運搬を手伝って貰うと、壊される事がよくあります。

  そういうときは相手に文句が言えないので、愛器は自分で運ぶことを心がけましょう